九広連は、屋外広告業の健全な発展と向上を目指します

九広連とは

九広連とは、「一般社団法人日本屋外広告業団体連合会」の下部組織として、相互扶助の精神に基づき、会員相互の緊密な連繋の下、屋外広告業の健全な発展と向上に資するために必要な事業を行い、会員並びに所属員の自主的な経済活動を促進し、その経済的・社会的地位の向上をはかり、もって、国土美観の高揚と産業経済の発展に資することを目的に、昭和32年4月、熊本において創立され、今日まで各種事業を行っています。

更新情報・お知らせ

アーカイブ

2016九州サイン&デザインディスプレイショウが開催されました NEW

詳細はこちら »

九州広告美術業組合連合会定時総会が開催されましたNEW

詳細はこちら »

国土交通省は 4月28日 屋外広告物条例を制定・改正する際の参考資料
屋外広告物条例ガイドライン(案)が改正されました 

詳細はこちら »

屋外広告物条例ガイドライン(案)が改正され、屋外広告物の所有者又は占有者は、屋外広告士など専門的知識を有する者に、当該屋外広告物の本体、接合部、支持部分等の劣化及び損傷の状況を点検させなければならない旨の規定が追加されました
屋外広告士の受験申込み受付が始まりました
「受験の手引き」(受験願書)の配布 平成28年5月6日~7月27日まで
受験の手引き価格:1部500円(本体333円、税27円、送料140円)
受験申込み書受付期間: 平成28年5月9日~8月12日まで
受験料:17,500円(消費税1,296円を含む)

詳細はこちら »

屋外広告物の点検方法についての標準的な基準として屋外広告物点検基準(案)を策定しました。

詳細はこちら »

屋外広告物の点検の結果を記録し、履歴として残すこと所有者と点検者との情報共有を図る為安全点検報告書(看板カルテ)様式案を作成しました。

詳細はこちら »

屋外広告物の点検を確実に推進するためには契約に基づいた業務として実施する事が必要なため点検・保守に関する標準契約書(案)策定しました。

詳細はこちら »

↑ PAGE TOP